ゴルフ≠コンサバ

8代目ゴルフが発売された。マイルドハイブリッドとなり環境に優しくなったが、デザインや設えは厳しくなったようだ。自動車のフロントデザインはLEDのせいでおかしくなってしまった。ずっとコンサバだと思っていたゴルフも、LEDを採用した先代からブレはじめた。
開口器を咥えたようなラジエターグリルはまるでプリウス。『IQ. LIGHT』と称し、ヘッドライトにBMWのような眉毛がついた。左右のライトを結ぶようにバー状のライトがついたが、エンブレムの部分は途切れている。昼間はわからないが、夜ライトが点くと格好悪く見えないだろうか。車内では、『インテリアアンビエントライト』と称し、デコ車のようにトリムなどが光るようになったが、みっともなくないだろうか。スイッチやACの調整ノブがタッチ式になったので、走行時の操作は困難だろう。タッチ面は永久に指紋を拭かなければならない。
もし車を持つことがあればゴルフと決めているが、これではその気が失せてしまう。もうひとつのブレない車はポルシェ911だが、こちらは一生かかっても手に入れられない。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です