堀部安嗣さん

建築雑誌を読まなくなって久しい。若いころは最新の建築をインプットしたくて購読したが、ファッション誌などで建築を取り上げるようになってやめた。奇をてらった受けのよい、フォトジェニックな建築ばかりで、こうでもしないと建築は一般に認知されないのかと嘆いた。そんなわけで購読をやめたが、一目を置く方の作品が掲載されれば購入している。
堀部安嗣さんは一目を置く方のひとり。JA最新号が堀部さんの特集なので購入した。作品が手持ちの雑誌や作品集と重複していたが、最新作が掲載されていて、一目を置く内藤廣さんが文章を寄せていた。なぜ寄稿をするに至ったかわからないが、内藤さんもまた堀部さんの建築に一目を置かれているように思え、それだけでなんだかうれしかった。
堀部さんは住宅作家で、公共的建築をあまり手掛けていない。中村好文さんがよくおっしゃる冗談ではないが、手掛けたくても仕事が来ないのか、あるいはそもそも手掛けたいと思わないのか。巨匠たちは住宅を足掛かりに公共的建築へステップアップしていくが、中村さんや堀部さんのように長く住宅設計を続けていると、うまく身動きがとれないのだろうか。
ところが、JAに掲載された最新作は住宅ではなく公共的建築だった。ひとつは納骨堂で、俗にいう室内墓苑。住宅手法の延長にあるように見えるが、それは彼の一貫した思想によるもので、新たな地平を切り開く意欲が見て取れた。もうひとつは書庫。寝室やキッチンが付属しているので住宅の延長なのかもしれないが、手法が大胆で斬新。それが諸条件から導かれた解だとしても、なぜこのような手法に到達したのか。でも同時に言いようのないうれしさがこみ上げる。勝手に偉そうなことを言うが、ついにやりましたねと肩をたたきたくなる。
文筆家であるクライアントがこの書庫について顛末を書いているが、赤裸々な告白も散りばめられていておもしろく、仕事の手をとめて一気に読んだ。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です