美しく散乱する台所

中村好文著『百戦錬磨の台所 Vol. 1』。中村さんのアトリエが手がけた住宅の中から、明月谷の家、つのだ夫妻の家、休寛荘、Hanem Hut、レミングハウスの台所を紹介。
この本のよい点は、①台所でクライアントに料理を作ってもらい、その様子をカメラに納めていること。建築誌などのような写真ではなく、生き生きした台所の情景が伝わってくる。②中村さんとクライアントの対談が楽しそうで、こちらも思わずニンマリしてしまう。③この本のために描き下ろされたという図面がどれも素敵で、しげしげと眺めてしまう。
ほかにも、意中の台所として、ジョンの台所、今井町の勾玉型の竈、ヴェネチア暮らしの台所、Lemm Hutの七輪レンジ、フィリップ・ジョンソンご自慢の台所を紹介。
ジョンの台所とは、映画『ジョンとメリー』(1969)に登場する、ダスティン・ホフマン演じる主人公が住むアパートの台所。むかし中村さんが紹介していて観てみたが、とてもよかったのでDVDまで手に入れた。ジョンのアパートのインテリアが素敵で、中村さんもリビングの低いシェルフがお気に入りだったような。メリーを演じるミア・ファローの可憐さも本作の魅力。
記事のタイトルは中村さんの著書『住宅読本』より引用。”美しく散乱する台所、あるいは多少の散乱くらいでへこたれないおおらかな台所が、私の理想です”。朝日新聞の『折々のことば』にも掲載された。よほど気に入られたのか、この言葉を染め抜いた帆前掛けを誂えたそうだ。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です