Windowsでの新しい体験

U-NEXTで映画を観ていると、モニターいっぱいに突然現れた。全画面表示なのでタスクバーは隠され、右上に✕ボタンもない。サポート詐欺と同じ。慎ましさがない。
Windows 10のサポート終了は2025年10月14日だが、なぜこのタイミングなのだろう。全ユーザーがこのタイミングで現れたわけではないようなので、トリガーは何なのだろう。
ESCキーを押すと消えてしまったので、詳細情報を確認できなかったが、ネットを検索すると大したことはなかった。Windows 11にアップグレードする条件を満たしていないので、新しいPCを購入するよう促されるだけのようだ。でも前に投稿したとおり、タスクバーの仕様が変更されてしまい仕事に支障をきたすので、Windows 11へはアップグレードできない。Windows 10で終了すると言いながらWindows 11をリリースする会社なので、そのうちWindows 12をリリースするだろう。元に戻るとは思えないが、とりあえずそのときまで放っておく。