Windows 11

画像:Microsoft

やはり11だった。スタートメニューやスタートボタンなどアイコンが中央に配置され、ますますmacOSの真似だろうか。それとも、中央に配置したほうがカーソルの移動が少なくて済み、マウスを持つ手の負担が軽減されるのだろうか。
タスクバーにはスタートボタンしか表示しない派なので、何も開かない場合はスタートボタンだけが中央にポツンと表示され、いかにもバツが悪そう。またタスクバーボタンを結合しない派なので、開くほど中央から左右へ膨らんでいき、気持ちの悪い動きとなるだろう。

互換性確認ツールが配布されていたので試したところ、うちのPCにはインストールできないそうだ。『詳細情報』を押すと原因が具体的に示されると思ったが、システム最小条件のウェブページへ飛ぶだけ。親切なツールなのに不親切この上ない。

画像:Microsoft

うちのシステムは、CPU4GHz・4コア・64bit互換、メモリ16GB、ストレージ空き138GB、グラフィックスカードDirectX 12互換・WDDM2.7、ディスプレイ27インチ・WQHDとすべてクリアしている。次にシステム要件の詳細ページを確認すると、システムファームウェアとTPMの項目が追加してある。どちらもチンプンカンプンだが、どうやら原因はTPMのようだ。TPMとはセキュリティのモジュールだそうで、そのチップがマザーボードに装備されているかどうか。うちのマザーボードではオプションだそうで、つけた覚えがないので装備されていないのだろう。
互換性確認の結果、うちのPCは7年使っているそうだ。その間OSを7から10へ換え、グラフィックスカードを換えたが、スペックは十分なので不自由はない。もちろんOSも。
– 追伸 –
うちのPCにインストールできない決定的な理由はCPUだった。Intel製の場合第8世代以降でなければならないそうだが、うちのは第4世代なので箸にも棒にも掛からない。でも第8世代は発売されてまだ3、4年なので、ライフサイクルが短くないか。Windows 11を使うには、多くの場合PCを新調しなければならないはずなので、結局ハードウェア共々金儲けが目的なのだろう。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です