年次更新

近年は2年待てずに毎年更新してしまうiPhone。発売後の9月10月は決まって仕事が忙しく、ストレス発散のために更新してしまう。今年も盆が明けた頃から忙しく、先月は一日も休んでいなかったので、イライラが募っていたのだろう。客先への道中にショップを見つけたので近づくと、立て看板に持つならこれと思っていた機種が〇印。ふらっと入店してしまった。
じつは先週末に更新するつもりだったが、手続きに入る前にやめた。機種変更応援プログラムプラスの説明が間違っていたから。キャリアのウェブサイトの記述と違うことを説明するので、そのページを見せて指摘すると、そう言われてもというような困惑した顔。しょせん量販店の雇われ店員かとがっかりした。その点契約したお店の店員は熟知していた。わかりやすく子細に説明してくれた。還元額は変更後の端末の代金から差し引かれるのだと、間違った認識を正してくれた。それなら毎月の支払いが高くなるのかとしょげていたら、高くならない方法をアドバイスしてくれた。店員の鏡のような方だった。
気分よく帰宅し、さっそくデータを復元しようとしてつまずいた。春に電話番号を変えたのだが、2ファクタ認証の登録電話番号を変更していなかったので、認証コードが届かずApple IDにサインインできない。Appleのサポートに長時間つきあってもらったが、対処方法が見つからず、結局アカウントの復旧申請をすることに。アプリが使えずいまはただの電話機と化している。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です