徒然と降り暮らす

酒の席で友人に煽られ、酔った勢いでfacebookをはじめた。ご無沙汰している方と連絡が取れたり、昔つきあっていた女性を見かけて懐かしんだり。はじめのうちは楽しんだが、しだいに利用しなくなった。『いいね』に違和感を覚え、自分の知らないところで盛り上がっていることに冷め、日に何度も届く通知の確認が億劫になった。
ブログをやめてからも書き留めたいことはあったが、ツイッターでは文字数に限りがあるのでままならない。それでfacebookならと書き込んでみたが、どうもしっくりこない。画面がうるさく落ち着かない。日記のような体裁はそぐわないようだ。
SNSとはソーシャル・ネットワーキング・システム。社交場と訳してよいと思うが、社会人としてまっとうに生きていない者として、facebookは華やかすぎて身に余るようだ。
そんなわけでブログをはじめた。これで何度目の再開だろうと苦笑するが、やはりここが一番落ち着く。飾らない白い空間は、社交場でなく自分の庭。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です