献血を断られる

献血可能の通知が届いていたので、出かけたついでに献血ルームへ立ち寄ったが、脈が速かったせいで断られた。脈拍が100を超えると献血できないそうだ。
血圧計のデジタル表示は125だった。10分待って再計測したが大して下がらなかった。問診の先生はさらに待つかと聞いてきたが断った。歳のせいなのか何なのか、運動後でも緊張しているわけでもないのに脈が速くなることがあり、そうなるとしばらく収まらなかった。
先生になぜ100なのかと問うと、正常値が60~100だからだそうだ。では自分は病気なのかと尋ねると、どうだろうと歯切れが悪い。もう少し親身になってほしいと思うが、問診の先生に期待してはいけない。先生の仕事は献血の可否を判断するだけ。先生かどうかもわからない。
献血の可否基準は血液法で定めているそうだが、2019年9月1日にそれが改定されたそうだ。従前は1項目のみで、最高血圧が90以上あれば献血できたが、改定後は最高血圧90以上180未満、最低血圧50以上110未満、脈拍40以上100以下、体温37.5度未満の4項目をクリアしなければならない。健康な人は無知でもよいが、不健康な人は気に留めておかなければならない。
ドナーの身体を気遣い厳格化されたのだろうが、改定のおかげで血液は不足していないのだろうか。改定当時の熊本のニュースでは、25,000人中1,400人が献血できなかったそうだ。
それにしても献血できなかったことはショックだった。人として否定された気分だった。それと同時に己の不健康さにほとほと嫌気がさした。いい加減にしないといけない。
いま脈を測ると73。週末再訪して献血を成し、まずは憂さを晴らしたい。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。