白か黒か

最近Feedlyへ登録したサイトは、音楽のアルバムレビューをしている方のブログ。Lake Street Diveの『Obviously』を検索していてたどり着いたが、アーカイブにCaroline Shawの『Narrow Sea』やPasquale Grassoの『Pasquale Plays Duke』を見つけ、好みが似ている部分があるかもしれないとニンマリ。更新が楽しみなサイトとなった。
本日更新されたが、内容はアルバムレビューではなく雑談だった。アルバムレビューのほかに、音楽に関するニュースやトピックについて思うことを書かれていて、前の投稿は昨年のオリンピックで話題にのぼった小山田圭吾氏についてだった。
本日の投稿はSpotifyについて。アメリカの有名コメディアンがホストのポッドキャストがあるそうだが、ゲストの免疫学者がmRNAワクチンは効果がない、人々は催眠術によってワクチンの有効性を信じるようになったなどと発言したそうで、その放送を消さずに放置しているSpotifyをニール・ヤングが非難。自身の音楽カタログをSpotifyから取り下げてしまったそうだ。
ブログ主はこれに賛同したのか、それとも別に理由があるのか、書き出しからSpotifyの解約をすすめているが、私はSpotifyに無料プランがある限り利用を続ける。音楽ストリーミングサービスは簡単便利に音楽を聴けるが、だからこそ抵抗があり、有料での利用は頭にない。だから追伸に書かれたApple Musicも利用していない。あの追伸はブログ主の株を下げた。
ポッドキャストを聴かないし、英語だとなおさら。下世話好きなので、その有名コメディアンが契約料として1億ドルもらったらしいことは気になるが、そのうち忘れる。SpotifyのCEOが、リスナーでなく投資者のほうを向いていたとしても、普段目に耳にする方でないので気にしない。でもどこかの軍需企業へ多額の投資をしているようなので、そのあたりが今後目に障るようなら利用をやめる。その場合同等の無料サービスは他にないので、音楽ストリーミングサービスをやめることになるが、そうなればFMやディスク再生に戻るだけのこと。
記事を読んで思ったが、いまの世の中は白黒はっきりしないと気が済まない。ワクチン接種にしてもそう。私はワクチンを摂取しているが、賛成反対ということでなく、効果があるということなので、一日も早く収束してほしいとの願いから摂取した。
でもウィルスが未知ならワクチンも未知。摂取したくないと思う人がいて当然。したくてもできない人もいる。そういう人は、感染防止策をきちんと講じればワクチン摂取はしなくてよい。静かにやりすごせばよい。ところがマスクをつけずにワクチン反対と行進をする輩がいる。新型コロナはただの風邪だと言い張る。ではあれだけの死者や重症者をどう説明する。ただの風邪になるにはまだ時間がかかる。だから唾を飛ばしながら叫ぶのはやめて、大人しくしてほしい。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。