ありふれた一日

録画しておいた新日曜美術館『グランマ・モーゼス』を観た。彼女のことも作品もはじめてだったが、すっかり魅了された。広大な自然、鮮やかな色彩、細やかな描写。そして、話し声が聞こえてきそうな登場人物たちが愛らしい。
古きよきアメリカの田舎を描き続けたという彼女の作品は、ほっこりしていて楽しげで、見る人に元気を与えてくれる。まさに番組で長田弘さんが言っていたグリーティングだ。彼女は言っている。「自然の恵みの豊かさに感謝を忘れないこと。弱音を吐かず笑顔を忘れないこと。そうすれば、ありふれた一日がかけがえのない一日を放ちはじめる」
いま東京で展覧会が行われているが、3月には京都へ巡回するそうで、楽しみがひとつ増えた。
見終わってチャンネルを変えると、BSで『阿弥陀堂だより』を放送していた。何度も観ているが飽きることがない。素敵な作品だと思う。パニック症候群の療養のために信州の山奥へ越してきた女医が、豊かな自然や素朴で温かい人々との交流を通じ、徐々に症状が回復してゆく。
四季折々の自然が美しく、主人公を演じる樋口可南子さんや寺尾聰さん、脇を固める田村高廣さんや香川京子さんなど、キャスト陣も見ごたえがある。とくに助演女優賞を受賞した北林谷栄さん演じるおうめ婆さんが光っている。『春、夏、秋、冬。はっきりしていた山と里の境が少しずつ消えてゆき、一年がめぐります。人の一生と同じなのだと、この歳にしてしみじみと感じます』。静かな物語だが、生きることの尊さを鮮明にしている。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です