ロック画面

iOS 16へアップデートしたら、ロック画面の時計の書体が太くなった。格好が悪いので、元へ戻そうと「壁紙」を開くと、新しく見る設定画面。ロック画面の「カスタマイズ」をクリックすると、「現在の壁紙をカスタマイズ」「新しい壁紙を追加」と表示されたので前者をクリック。すると今度は「新規を追加」のみ。???現在の壁紙のカスタマイズはどこへ行ったのか。
まったく新しい仕組みなので、それまでのロック画面やホーム画面はいじれないということだろうか。でもそれでは困る。ロック画面とホーム画面の画像がiPhoneに残っていないので、新しく壁紙をつくろうとすれば、バックアップデータを探さなければならないし、見つからないかもしれない。面倒なのでこのまま放っておくことにした。
新しいロック画面を一通り試してみたが、使いたいものはなかった。「カラー」のグラデーションには惹かれたが、あれだけでは物足りない。「写真シャッフル」のように、表示するたび色が変わったり、グラデーションが変わったりすれば面白いかもしれない。
ウィジェットは1段分のスペースしかないようなので、発達は見込めないだろう。画像だけでは心もとないし、テキストは小さくて読みづらい。時計の書体とは逆のことをしている。
バッテリー残量の%表示が復活したことはありがたい。でもロック画面の鍵アイコンが小さくなったことは残念。虫か何かと思いゾッとした。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。