掛布団カバー

寝具は無印良品のプレーンなものと決めている。あれこれ探さなくてもここの製品にしておけば間違いがない。ここ数年は素材や肌触りが好みの『綿洗いざらし』シリーズが贔屓。
昨年末に枕カバーとシーツとベッドパッドを新調したが、新しい寝具にしたら気分がよかったので、掛布団カバーも新調しようと購入した。でも包みをほどいて唖然とした。仕様ががらっと変わっていた。これまではファスナー式で、布団がずれないようにひもで結ぶようになっていたが、新しいものは枕カバーのような折り込み式で、布団が出ないようにプラスナップが2か所あるだけ。ずれなくする部分もひもからプラスナップに変わっていた。
直感的にこれはダメだと思ったが、使ってみるとその通りだった。1辺だけ開くところは変わらないが、開く部分が長辺ではなく短辺なので布団が入れづらい。プラスナップは寝相が悪いのかたびたび外れてしまう。ひもで外れたことはない。折り込む部分を頭のほうにしていたが、朝起きると手が入っていたことがあったので、現在は足のほうにしているが、寝相が悪いのか2か所ともプラスナップが外れてしまう。布団カバーなど単純なのに、こんなに欠点があれば致命的だろう。暮らしの手帖の商品テストにかかれば赤点間違いない。
レビューでも不満のコメントは多い。ネットショップに在庫がなかったので実店舗で購入したが、先にレビューを読んでおけばよかった。でもお気に入りなのでどうか元に戻してほしい。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です