有終の美を飾る

サントリーミュージアム天保山の営業最終日は、今年最後の休日だからだろうか、それとも名残惜しいと思う人が駆けつけたのか、たくさんの人で熱気にあふれていた。
オープンして16年。いろんな展示を観たが、なかでもこの美術館の収蔵品を代表するポスターやグラフィックの展示は欠かさず鑑賞した。だから最後の展覧会がポスター展というのはとてもうれしかったし、この美術館らしいと思ってグッと来た。

今後は大阪市の美術館として引き継がれるそうだが、壊されずにすんでよかった。ライカビルのようになってほしくない。あとは市がどれだけ有効利用できるか。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です