Brave

iPhoneのブラウザをChromeからBraveへ変更した。理由は広告が鬱陶しいから。広告ブロックアプリをいろいろインストールしてみたが、どれもsafari用につくられているようで、Chromeには効いてくれない。だから見切りをつけた。
safariは使いたくないので、ブラウザに広告ブロック機能を備えたFirefox Focusを試した。多くの広告は表示されなくなったが、まだ完全ではなかった。次に見つけたのがBraveだった。Firefox Focusで表示されていた広告が表示されなくなった。
広告が表示されなくなった部分は、PC版Chromeでは、広告がないものとして詰めたり、そのまま空白となって残っているが、iPhoneでは空白ではなく「AD」というアイコンが表示され、リングカーソルがずっと回っている。意味がわからない。せっかく広告が消えたのに、なぜこのようなことをするのだろう。「AD」を押しても何も起こらないのに。
広告ブロックアプリがsafari用しかないのはなぜだろう。StatCounterという統計サイトを見つけたが、日本におけるモバイル部門のブラウザシェアを見てみると、1位はsafariで61.4%、2位はChromeで32.2%、続けてSamsung Internetで2.67%、Androidで0.98%、その他2.75%。
同サイトによれば、日本はiPhoneのシェアが65.63%もあるそうだが、多くのユーザーは機械音痴または無頓着なので、ブラウザは標準装備されているsafariを使うのだろう。だからsafariのシェアが高く、アプリ開発者はsafari用しかつくらないのだろう。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。