Dr. Capital

ドクター・キャピタルを知ったのは、YouTubeで岡本真夜の『TOMORROW』を観ていたとき。ウェービーボブでスーツ姿の外国人が、いきなり流暢な日本語、しかも京都弁でしゃべりだしたので驚いた。「まいど!ドクター・キャピタルです」。
彼の動画はおもにJ-POPをアコギ一本で演奏して歌うというものだが、演奏はとても上手だし歌声も素敵。それもそのはず、名前のドクターは伊達ではなく博士号を取得していて、現在はノラ・ジョーンズを輩出した北テキサス大学で教鞭をとっているとか。
彼の動画はただギターを爪弾きながら歌うだけでなく、お気に入りの部分を理論的に解説するのだが、わからないくせに見入ってしまうのは、キリンジ『エイリアンズ』、YMO『Behind The Mask』、安田成美『風の谷のナウシカ』、Dreams Comes True『大阪 LOVER』、チャットモンチー『ヒラヒラヒラク秘密ノ扉』、Perfume『ポリリズム』などの好みの曲の、お気に入りの部分のうまく説明できないところを、理論的に面白くレクチャーしてくれるから。
テンションコード、ドミナントコード、クロマチックメディアントなどの用語はとっつきにくいが、それをカバーする話術とテクニックがすばらしい。デジタルディレイを駆使して『Behind The Mask』の全パートをアコギだけで演奏してしまうところや、『ポリリズム』で2種類の4拍子を弾きながら5拍子で歌う変態プレイにワクワクしてしまう。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です