FROZEN FIREWORKS

Steely Dan『Aja』のジャケットは、黒い画面に女性の横顔が写っている。CDを手にするたび誰だろうと思っていたが、映画『氷の花火 山口小夜子』を観て謎が解けた。
私にとって山口小夜子さんは、ファッションモデルや女優より資生堂のCM。黒髪のおかっぱも印象的だったが、切れ長の目がずっと脳裏に焼きついている。でも彼女の目は本当は丸く、切れ長はキャラクターづくりのためだったと知って関心した。
映画は彼女の遺品を紐解く場面を交ぜながら、ご本人やデザイナーへのインタビュー、パリコレの映像、資生堂のCMなど彼女の足跡をたどるものだったが、サプライズも用意されていた。
現在のモデルを山口小夜子に仕立てて撮影するというもの。おかっぱのかつらを被り切れ長メイクを施し、はじめは探り探りだったポーズが次第に熱を帯び、カメラマンのひと言のおかげかご本人が乗り移ったのか、次の瞬間山口小夜子が現れた。切れ長メイクをあみ出した方がわぁっと声を上げ、つられてこちらも驚いた。撮影が終わり、衣装を担当した丸山敬太さんがむせび泣くと、釣られてこちらも目頭が熱くなった。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です