IBM PC

IBMがパソコン事業から撤退するそうだ。売り上げが減少しているこの部門を売却し、今後はサーバーの提供や関連サービスなど、法人へのサービスに集約するそうだ。
IBMはパーソナルコンピュータの礎を築いた企業。研究や開発向きだった高価なコンピュータを、市井の人々が使えるようにした功績は計り知れない。他の企業が時代に乞うて変化するなか、IBMは確固たるスタンスを貫いた。プロダクトをはじめとするデザインポリシーにブレがなかった。それはウェブサイトにあるデザインについてのページを見ればよくわかる。
売却先として中国企業と交渉しているようだが、成立すればIBMのパソコンはこの世から消えてなくなる。それは単にネームがなくなるということではない。
時代はますます安価で大量生産への道を進んでいる。否定するつもりはないし、私も恩恵を受けている。でもそれだけではいけない。それだけでは消費者の心が貧しくなる。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です