JAZZ KISSA BASIE

明日のチケットを受け取りにJR東海ツアーズのお店へ行くと、入り口の外まで人が溢れていた。整理券を取って待機人数を確認すると11人。受け取るだけなのですぐだろうと思ったが、1時間も待つことに。おまけに順番を抜かして呼び出そうとする始末。JR東海とは相性が悪い。
予定がひとつ飛んでしまったが、映画『ジャズ喫茶ベイシー』の上映時間には間に合った。
このお店のことは知らなかったが、ジャズファンの間では有名なお店のようで、それらしきおじさんたちで座席はほぼ満席だった。ん?なぜほぼ満席なのだ?
この映画館ではソーシャルディスタンスを解除していた。9/19に規制が緩和されて、条件つきで全席開放してよいことになったとか。経済のためだろうがまったく理解できない。ウィルスは存在しているし、飛沫感染することに変わりはない。
映画のほうはとてもよかった。全編にマスターの愛が溢れていた。レコードのコレクションは言うまでもなく、オーディオも目を瞠るものばかり。ジャズにはやはりJBLがよいのだろうか。レコードプレイヤーはLINNで、カートリッジはSHURE一徹のようだ。
渡辺貞夫さん、村上”ポンタ”秀一さん、坂田明さん、小澤征爾さんなど著名な音楽家たちが映っていたが、鈴木京香さんや安藤忠雄さんは必要なかっただろう。
そういえば007がまた延期だとか。公開は来年の4月になるようだが、慎重すぎやしないだろうか。他国の映画館の状況は知らないが、日本の映画館ではもうソーシャルディスタンスを行っていないのだから、11月公開のままでよいのではないか。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です