KAWAI KANJIRO

大山崎山荘美術館で『表現者 河井寛次郎』展を鑑賞。そのあと宝厳院や天龍寺も訪ねた。
寛次郎さんはつねに心の琴線を刺激する。それは、彼が陶芸家であり生活者だったから。
陶芸を愛し、暮らしを愛し、住まいを愛した。彼の住まい兼陶房であった『河井寛次郎記念館』へ行けばよくわかる。創意工夫がされた心地よさそうな住まいや陶房。その陶房から数々のすばらしい作品が生み出された。竹でできた家具や真鍮のキセルをはじめて見たが、かたちが後年の器同様にキテレツで、寛次郎さんの宇宙を垣間見た。
土産に買った図録は珍しく横長版で、作品のレイアウトも新鮮でよかったのだが、テキストがいけなかった。メタリック調の紙を使っているせいで、明かりのもとでは反射して読みづらい。デザイナーさんはがんばりすぎた。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です