MagSafe

iPhone 12 Pro。エッジのデザイン、LiDARスキャナ、カメラの性能アップやApple ProRAWが魅力的だが、レザーケースがラインナップされていない。無線充電のせいだろうか。
iPhone 8から無線充電が実装されているが、純正の充電ポッドは発売されてこなかった。作ることは造作もないと思うので、需要が少ないと考えたのだろうか。ポッドの上に置くだけで充電できるという画期的な技術なのに、位置合わせが煩わしく、有線より充電時間がかかり、極めつけはデータ転送ができないので、PCへバックアップしている者は関心がない。
Appleはこの技術を遊ばせるわけにはいかないと本腰を入れた。MagSafeと名前をつけたことからも本気度が伺える。電力を15Wへ増やして充電時間の短縮を図り、本体に磁石を内蔵することで位置合わせの煩わしさをなくした。充電効率を上げるためにケースにも磁石を内蔵した。
むかし読んだ記事に、Appleはケーブル端子をなくしたいと考えていて、いつまでもLightningからUSB-Cに変えないのはそのせいだと書いていた。ケーブル端子をなくすためには無線充電を普及させなければならないので、MagSafeを開発したということだろうか。
ケーブル端子がなくなれば、バックアップはiCloudを利用するしかないが、無料の5GBではすべてのデータをバックアップできないので、有料の増量プランへ加入せざるを得ない。そうなればAppleは巨利を得ることができるし、囲い込みはさらに強固となる。
突拍子もない考えかもしれないが、まんざら間違っていなかったりして。MagSafeの評価を含めて、iPhone 13で何かしらはっきりするかもしれない。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です