新しいタブ

昔の天気を知りたいと気象庁のウェブサイトで調べたが、すべて///となっていた。欠測や観測をしておらず、平均値を出せない場合///と表示されるそうだが、ひと月丸々///などあるのだろうか。念のため他のブラウザでも確認したが結果は同じ。本当にデータがないのだ。
いつからならデータが揃っているのだろう。直近から見てみようと期間を昨年にしたところ、降雨量は数値が記されていたがそれ以外は///だった。どういうことなのだろう。よくわからない。やる気がないのであれば、こんなページやめてしまえばよい。
Microsoft Edgeで確認したとき、「値欄の記号の説明」を新しいタブで開いたが、すぐにそのタブへ切り替わらなかった。Chromeも同仕様なのだが、なぜ切り替わらないのだろう。閲覧中のページを残したまま、リンク先を見たいから新しいタブで開くのではないのか。
そのつもりで設けたわけでないのであれば、せめてFirefoxのように選択できるようにしてほしい。Chromeのタブ一覧やThunderbirdのカレンダーは削除できない。有難迷惑とはこのこと。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。