プロパガンダ

建築物省エネ法についてメーカーのオンライン講習を受けている。はじめて講習を受けたのは昨年末で、今年4月に施行された改正法についての解説だった。二度目は省エネに対する国策動向についての解説。先日三度目の講習が行われたが、二度目に受けた内容のアップデートだった。『脱炭素社会に向けた住宅・建築物における省エネ対策等のあり方・進め方』が8/23にとりまとめられたので、それを受けての開催だったのだろう。
とりまとめられたロードマップでは、2025年すべての建築物で省エネ基準適合義務化、2030年新築される住宅・建築物はZEH・ZEB水準の省エネ性能を確保、及び新築戸建て住宅の60%に太陽光発電の導入を目指すとなっている。前二つは反対しないが、三つ目は反対したい。
ソーラーパネルを載せた家は美しくない。住人は省エネを考えているようで売電を面白がっている。売電価格は下がる一方なので、このままでは20年で元が取れないかもしれない。20年で売電契約が満了することさえ知らない人もいる。家庭用の太陽光発電とはその程度。
事業用の太陽光発電も似たようなもの。住宅同様に美しくない。こちらは規模が大きいのでなおさら。山裾に広がる大量のソーラーパネルをこの目で見たことがあるが、暴力的で異様な光景に恐怖を感じた。このままでは日本の風景は取り返しのつかないことになる。
他のエネルギーに比べ誰でも容易く参入できるので、省エネのことなど考えていない、一攫千金のことしか頭にない行儀の悪い輩が多いのではないか。彼らは山のことを知らずに樹を切り土を盛る。いい加減な業者がいい加減な設置をするのですぐに壊れる。
事業用太陽光発電の売電制度は来年4月にFIPへ変わるそうだが、補助金を国民が負担する仕組みに変わりはない。太陽光発電はFITのおかがでここまで成長したのだろうが、賦課金なくして成り立たないエネルギーなど不純。立ち行かなくなるだろう。
杉山大志著『「脱炭素」は嘘だらけ』は、カーボンニュートラルを検索していて見つけた。書名が清々しいので読んでみたが、胸がすくほど気持のよい本だった。
CO2ゼロは亡国の歌。「2050年CO2ゼロ」は極端すぎて、科学的にも、技術的にも、経済的にも、人道的にも間違っている。温暖化は「物語」にされてしまっている。「物語」は政府へ予算を与え、多くの御用機関や御用学者へ分配し、利権関係を構築する。「物語」を共有する団体へ補助金を配布し、団結力を高め、結束力を保つ。
中国は脅威。昨年9月国連で2060年CO2ゼロを発表したのは、世界から好感を得るためで、米国内や欧米を分断するため。2060年にしたのは時間を稼ぐため。2050年には無理でもあと10年あればできるかもしれない。できなくても他ができていないので避難されることはない。
中国の資本や企業は海外のエネルギー事業に大きく関わっている。日本では太陽光発電など再エネ止まりだが、イギリスでは原発の一部を国営企業が所有している。送電に関わるインバーターなど多くの電子部品は中国製なので、中国がサイバー攻撃を起こせば一巻の終わり。2017年に施行された国家情報法を発動すれば、「いかなる組織も公民も、国の情報活動に協力しなければならない」ので、テロリストでなくても実行させられてしまう。
中国がTPP加入を申請したとニュースになっている。財務相や学者は加入できないだろうと言っているが、狙いは加入ではないのではないか。CO2ゼロの発表と同じように、発言することで世界から好感を得る。太平洋には中国を支持する島国がいくつもある。
経産省の御用機構が試算したCO2ゼロにかかるコストは、54兆円~90兆円と国家予算に迫るほど。実行されれば日本は弱体化するだろう。地方自治体は、具体的な計画がないのに補助金目当てにCO2ゼロを宣言。環境省や環境大臣は、それをマップに仕立て一人悦に入っている。
敬愛する森林ジャーナリストが、数日前発電コストについて投稿していた。経産省の御用機関が2030年の発電コストを電源別に予測。再エネでメジャーな太陽光、風力、バイオマスを見ると、木質専焼のバイオマス発電のコスト削減はゼロ。燃料の木質バイオマスは年々集めるのが難しくなるそうで、技術革新やスケールメリットもほとんどないそうだ。
気候非常事態はフェイクニュースだとして、様々な噂を正している。気候シュミレーションや環境影響評価モデルは問題だらけ。将来を現状のまま計算するが、技術は発達するし経済も成長する。過去のデータや統計を見ず、都合のいいようにパラメーターをいじったりする。
気候危機はリベラルのプロパガンダとして、NHKのフェイクニュースを取り上げ正している。ソーシャルメディアは検閲を強化し、温暖化に懐疑的、否定的な投稿やアカウントを削除し、偽情報のタグをつけて検索にかからないようにする。温暖化は法、経済、物理、科学、社会など広範囲に及ぶ問題なので、様々な考えや意見を述べて何がいけないのだろう。
46%がおぼろげに浮かんだなどと与太話はいいので、2030年温室効果ガス排出46%削減、2050年温室効果ガス排出実質ゼロを性急に実行しようとせず、19年、39年かけて技術を発達させ、こなれたコストまで落とす。その上でイノベーションを起こしても間に合うだろう。

Pro は誰を向いているのか

残念な発表だった『iPhone 13 Pro』。これで引き続き『11 Pro』を使うことになるだろう。そうなればはじめて3年目に突入するが、バッテリー状態は98%なので問題ないだろう。
今度の特筆すべきセールスポイントはカメラシステムのみ。映画撮影に使えるほどの性能が備わったそうだが、果たして一般に必要なのか。まさしくプロへ向いてしまったのではないか。
いっそのこと、ノン『Pro』のほうにも望遠レンズをつければ『Pro』を選ばなくて済むので、『Pro』のほうは思う存分プロ向けにつくり込めてよいのではないか。
指紋認証は復活しなかった。Apple Watchで対応できるようにしたので、もはや必要ないと考えているのだろう。おかげでApple Watchを持たない者は、これまで通り不便を強いられる。野望は無線化なのだろうから、LightningからUSB-Cへの変更も考えていないだろう。

BEING JAMES BOND

公開まで残り20日。ワールドプレミアのチケットが発売されたそうなので、これでもう延期はないと思うが、先日トップガンが来年へ延期すると発表したので、まだ油断できないか。
ドキュメンタリー『ジェームズ・ボンドとして』もApple TV+で配信が始まったが、Apple TVも他の視聴可能なデバイスも持っていないし、べつに観なくてもいいだろうと思っていた。ところが昨日届いたメール『BOND NEWS』のリンクをクリックすると、ブラウザにはApple TV+の作品ページと「Vie in iTunes」のボタン。iTunesでも視聴できるのだ。後で気がついたが、Apple TVアプリをインストールしたiPhoneでも視聴できる。
せっかくなので視聴したが、思いのほかとてもよかった。十数年にわたるダニエル・クレイグと5作品の足跡が、コンパクトながら上手にまとめられていた。
冒頭はダニエルが新ボンドに選ばれた当時の世間の反応。「金髪」「不愛想」「魅力がない」「短身」「醜い顔」などと強烈なバッシングを浴びせたくせに、海でのシーンをパパラッチされ、鍛えられた肉体が晒されると、手のひらを返して喝采を博した。
たしかにダニエルボンドは前人たちほど華やかでないかもしれない。でも『カジノ・ロワイヤル』『慰めの報酬』『スカイフォール』『スペクター』は、ダニエルボンドだからこそ成立した作品だと思うし、『No Time To Die』もきっとそうだと思う。
最後は『No Time To Die』でのダニエル撮了後のスタジオ。感極まったダニエルが、バーバラ・ブロッコリと抱擁する場面で流れるのは、『愛はすべてを超えて』のインストゥルメンタル。『女王陛下の007』で、ルイ・アームストロングがボンドとテレサへ捧げる愛の歌。『カジノ・ロワイヤル』が、『女王陛下の007』を受け継いでいることに引っ掛けているのだろうか。
冒頭に流れていたピアノ曲も素敵だった。クレジットからBrice Davoliさんの『Naysayers』ではないかと思うのだが、ネットを検索してもヒットしない。Naysayerとは”強く否定的な態度を取る人”だそうだが、ダニエルを指しているのか。だとすれば書き下ろしだろうか。

人生いろいろ

安西水丸さんの漫画『完全版 普通の人』。絶版している『普通の人』(1989)、『平成版 普通の人』(1993)と、単行本未収録だった『最初の普通の人』(1982)が集約された垂涎の一冊。
明らかに普通でない人は別として、世の中の人々は自分を普通の人だと思っている。私もそう思っている。でもたいていの人は他人から見れば普通でない。私も言われることがある。その無自覚な部分がこの漫画にはたくさん描かれていて面白い。思わず笑ってしまう。
物語はたいてい朝の風景からはじまるが、これも面白い。書式は1ページ8コマだが、1ページ目は上半分がタイトルなので残り4コマ。その4コマで主人公の起床シーンを描くのだが、4コマでは詳しく描けないので主人公がぼんやりしている。でも次のページからどんどんリアリティが生まれ、普通の人へ変身してゆく。水丸さんはあとがきに、この設定に深い意味はないと書いているが、普通の人でない水丸さんのこと、何かたくらみがあるに違いない。
好きなキャラクターはいがぐり頭のパーラー社長。「よっしゃよっしゃ」と言いながら、妻、秘書、愛人と情事を重ねる。熱いお茶が好みだが、血圧が上がらないかと心配する愛人。
もうひとりは、解説で村上春樹さんも取り上げているだめな女。朝起きると隣に知らない男が寝ていて、またやってしまったと嘆く。面白いのは彼女の独白。「子供のころはクリスチャンだったのに」「きっとデパートに勤めていた母の血がいけなかったのだわ」「いけないそういう考え方は差別だわ」。唐突さにおののく。凄まじくねじ曲がっている。
何年も前に、『普通の人』と『平成版 普通の人』を復刊ドットコムへ投票した。100票など無理だろうと思いながら、投票しなければはじまらないと1票を投じた。すっかり忘れていたのだが、さっき確認したら投票数は変わっていなかった。がっかりした。ということで、今度の復刊は復刊ドットコムの尽力によるものではなく、出版社クレヴィスの心意気。

福良

淡路島にある巨大観音像が解体されるとニュースが伝えていた。経営者が亡くなり2006年から廃墟となっていたそうで、現在は国の所有だとか。だから解体費用は税金から賄われ、その額8.8億円。高いような気はするが、高さが100mあるので仮設費が嵩むのだろうか。
記事を読んでもうひとつの廃墟を思い出した。太平洋戦争における戦没学徒の記念施設『若人の広場』(1967)。何かの折に丹下さんの設計だと知ったが、1994年に閉館、翌年の阪神淡路大震災であちこち被害を受けてしまい、ずっと放置されているということだった。
せっかく思い出したので久しぶりに検索。驚いた。施設が再開されていた。南あわじ市が購入し、兵庫県や丹下事務所などへ協力を仰ぎ、2015年に再開したのだそうだ。
そうとわかればすぐにでも見たい。次の日用心して訪れた。三ノ宮から淡路島内を走るバスに乗り、終点の『福良』で下車。バス停の前にいかめしい建物が立っていたが、戻ってから見ることにして、目的地へ向けて歩きはじめた。Google マップによると1時間だった。

しばらく歩くと湾が開けたので、立ち止まって眺めると最奥の山頂に三角の物体。大見山 (標高145m)の山頂にあるそうなので、おそらくあれが記念碑だろう。距離に気が遠のいたが、本当にあそこまで1時間で行けるのか。Google マップは傾斜をわかっているのだろうか。

Google マップは傾斜をわかっていた。1時間もかからず到着。魅力的アプローチ。

アプローチを上りきったところ。とても力強いが威圧的な量塊。山の上なのになぜこんなに高く立ち上げるのだろう。城の石垣に見立てたかったのだろうか。

屋内はダイナミック。天井はコルビュジェのモノル型のようなヴォールトの連続。でもどういうつもりか軸が揃っていない。なのでアングルが定まらず撮影しづらかった。
廃墟マニアなどのブログによれば、むかしは地階があったそうだ。上の画像で左側のスロープのあたりが吹抜になっていたようだ。大人数が収容できる広間もあったそうだが、建物のボリュームから考えれば、アプローチから見えた石垣の量塊のあたりではないか。

屋上は歩けるようになっていて、全方位のパノラマを眺めることができる。右側が出発地点の福良湾、左側は見切れてしまっているが、先には大鳴門橋があり、四国へと通じている。
残暑厳しく焼けるだろうと長袖を着ていたのに、手の甲だけ焼けてしまい苦笑した。首から上のこともすっかり忘れていて、茹でだこのような顔になってしまい恥ずかしかった。
石積みの壁はオリジナルでは積み上げっぱなしだったようだが、崩れ止めのためか全周笠木が回してあった。廃墟画像では高い壁には崩れ止めのフェンスが覆っていたが、石積みをいったんバラして固め直したのだろう、すべて撤去されていた。

記念碑と建物の軸がずれているが、屋上床石の目地は記念碑へ向いている。記念碑の軸は満州を指しているのだろうか。日本国旗が仰々しく生々しい。
藤森さんとの共著『丹下健三』に書かれているが、丹下さんはこの建物を発表しなかった。その理由を当時担当者だった神谷宏治さんが話している。

あの施設の主体は動員学徒援護会という文部省傘下の財団法人で、戦没学徒を記念し慰霊するというわけだから、丹下さんは意気込んで設計したわけです。いよいよ完成して引き渡し、そのオープンの記念式典の案内状が届いた。主催者として記されていた名前は、岸伸介、奥野誠亮など、いずれもいわゆる右翼と呼ばれるような戦中に指導的な地位にあった政治家です。当日、岬の下を自衛艦が航行し、観閲式もある、と書いてある。全く予想もしていなかった内容なだけに、丹下さんは “私は行かない” といって、オープンの式典に欠席です。だから、発表もせずじまいでしたね。

慰霊碑。平和記念公園の『平和の灯』同様、『永遠の灯』がずっと灯されているそうだ。
この施設の4年前に竣工した、東京カテドラル聖マリア大聖堂の壁を彷彿とさせるHPシェル構造。石積みの壁も、表情は異なるが、大聖堂の基壇に用いられた石張り壁のよう。

バス停前の建物は『淡路人形座』というそうだ。室町時代からの歴史があるという淡路人形浄瑠璃の灯を、消さないようにと活動している島内唯一の劇団なのだそうだ。
毎日4回上演されているそうで、タイミングが合えば観てみたかったが、叶わなかった。

設計は遠藤秀平さん。外壁はよく土木がやるメッシュ型枠を残した仕上げ。メッシュの柔軟性を活かし表情をつけているのだろうが、錆やチリや埃が凹部に溜まっているのか黒く見える。笠木や開口部からの錆び垂れはコルテン鋼によるものだろうか。
竣工から9年経っているようなので、コルテン鋼はこれ以上錆びないのかもしれないが、それにしても現在のこの表情は予想通りだろうか。私には経年変化の味わいは感じられず、ただ汚らしい、みすぼらしいようにしか見えなかった。

そばに建つ『津波防災ステーション』も遠藤さん。かたちと工法は面白いがそれだけ。