BADモード

宇多田ヒカルの新作。先日デジタル音源がリリースされたようで、Spotifyに出現したので聴いてみたが、ながら聴きだったので特に感慨はなく。その後、彼女のYouTubeチャンネルで収録曲のスタジオセッションの映像を観て、その足でハイレゾ音源を購入。
思えば前作『初恋』も同様だった。あまり食指が動かなかったのに、NHK『プロフェッショナルの流儀』を観て、その足でハイレゾ音源を購入。『夕凪』を高音質で聴いてみたかった。
スタジオセッションの映像は、新作のリリース日に有料配信されたライブストリーミングのものだそうで、その中から2曲が公開されているが、最初に観たのはこれらではなく『Sony – Stories』チャンネルの動画。ライブ映像にはソニーの機材が使われているそうで、監督と撮影監督が機材や撮影イメージについて説明しているのを見て、すばらしい映像作品に違いないと直感。アングル、フォーカス、照度、色温度がどれも最適だった。おかげで演奏に没入できた。
演奏は名うてのミュージシャンが揃い、それぞれプロの仕事を魅せてくれた。『Find Love』では、ベーシストが自分の演奏がないときに手を組み小さく踊る姿が可愛かった。映像に既視感を覚えたと思ったら、Radioheadの『In Rainbows From the Basement』と同じ監督だった。
ライブストリーミングでは11曲を披露したようで、CDの初回生産限定盤には全曲の映像がつくそうだが、音源は手に入れたのでCDはいらない。映像のみも販売してくれないだろうか。
音源は久しぶりに海外のお店で購入。世界的なアーティストなので外国でも取り扱っている。ただファイル名もタグ情報もアルファベットなので、適宜日本語への編集が必要。
あわせて前々作『Fantôme』も購入。AAC版を持っているが、この際ハイレゾ版も購入。旧作だからなのか、クーポン適用後の価格は14ドルちょっと。お買い得だった。
活動休止からの復帰作もハイレゾで揃えたかった。それと『真夏の通り雨』をよい音で聴きたかった。先日ミュージックビデオを観ていて涙が溢れた。近しい人を思ってしまった。
『Fantôme』の収録曲はどれも藤圭子さんへの鎮魂だと思うが、この曲がいちばん直截的ではないだろうか。それと「降り止まぬ真夏の通り雨」の秀逸さ。「通り雨」は母への想い、あるいは喪失感だろうか。それらは、夏のまとわりつく湿気のように、溢れて止めどない。

モンクと平家物語

シネ・リーブル梅田でセロニアス・モンクのドキュメンタリー2部作を鑑賞。1968年の製作だそうだが、思ったより映像がきれいで、モンク独特のリズムをとる足の動きが鮮明だった。知らなかったが、自分が演奏しないときはピアノの横に直立する。そのうち体をゆっくり回しはじめた。生体リズムになっているのか、空港でも回っていたのが可笑しかった。
ネットでチケットを購入する際、作品名の横に『odessa music』と書かれていたのは、新しい音響システムのことだった。ミニシアターに最適化されたスピーカーが設置されているそうだ。上映前にIMAXやDolby Cinemaのように紹介映像が流れたが、ただラウドネスを上げただけという印象。餅網の低い天井は変わらずで、もとより音響に配慮のない劇場。施す意義はあったのだろうか。モンクの演奏はよく聴こえたが、実際のところどうなのだろう。
書店へ行き、『平家物語』、『平家物語 犬王の巻』を購入。YouTubeで映画『鹿の王』の予告を観ていると、おすすめにTVアニメ『平家物語』のPVが出現。好みの作風だったのでネットを調べてみると、先週放送がはじまったばかり。さっそくレコーダーの予約設定を行い、見逃した第1話は無料配信を見つけて鑑賞。やはり好みの作風だった。
公式ウェブサイトのスタッフ・キャストページにある、キャラクター原案の高野文子さんのコメントに引かれたので、どんな方なのだろうと検索すると、『ドミトリーともきんす』の作者だった。むかし何かで見て面白そうな本だと思ったが、その後忘れてしまっていた。
平家物語は義務教育で習ったと思うが記憶にない。その後読んだこともなかった。TVアニメの原作となる平家物語は、古川日出夫さんの現代語訳を下敷きにしているそうで、読んでみたいと思ったが、900ページもある四六判で3,850円。ビビったので先にお試し版で祇園精舎を読み、これなら大丈夫だろうと購入。松本大洋さんの帯装画が素敵だった。中央は平清盛だろうか。
松本大洋さんは、この夏公開予定の映画『犬王』でも古川日出夫さんと組んでいる。原作である『平家物語 犬王の巻』の著者は古川日出夫さんで、カバー装画は松本大洋さん。犬王が奇妙奇天烈な容姿なので、必然としてキャラクター原案を担当することになったのだろうか。
本日閉店するタワーレコード梅田大阪丸ビル店へ立ち寄った。開店したのは1995年だそうだが、開店初日に訪れたことを覚えている。その年から西梅田で働いていたが、その日昼休みに地下街を歩いていて開店を知った。たしかパット・メセニーのCDを購入した。
そういえばこのお店でTVに映ったことがあった。『紳助の人間マンダラ』の『愛のデートマンダラ』というコーナーで、松澤一之さんに声をかけられた。その日は「モテないちゃん」の回で、主役の女性がカメラに映る私を指名してくれたそうだが、用事があったのでお断りした。松澤さんから「同じ匂いがする」と言われたが、何に対してのことだったのだろう。
閉店の記念に『Plays Duke Ellington』を購入。26年間ありがとうございました。

献血を断られる

献血可能の通知が届いていたので、出かけたついでに献血ルームへ立ち寄ったが、脈が速かったせいで断られた。脈拍が100を超えると献血できないそうだ。
血圧計のデジタル表示は125だった。10分待って再計測したが大して下がらなかった。問診の先生はさらに待つかと聞いてきたが断った。歳のせいなのか何なのか、運動後でも緊張しているわけでもないのに脈が速くなることがあり、そうなるとしばらく収まらなかった。
先生になぜ100なのかと問うと、正常値が60~100だからだそうだ。では自分は病気なのかと尋ねると、どうだろうと歯切れが悪い。もう少し親身になってほしいと思うが、問診の先生に期待してはいけない。先生の仕事は献血の可否を判断するだけ。先生かどうかもわからない。
献血の可否基準は血液法で定めているそうだが、2019年9月1日にそれが改定されたそうだ。従前は1項目のみで、最高血圧が90以上あれば献血できたが、改定後は最高血圧90以上180未満、最低血圧50以上110未満、脈拍40以上100以下、体温37.5度未満の4項目をクリアしなければならない。健康な人は無知でもよいが、不健康な人は気に留めておかなければならない。
ドナーの身体を気遣い厳格化されたのだろうが、改定のおかげで血液は不足していないのだろうか。改定当時の熊本のニュースでは、25,000人中1,400人が献血できなかったそうだ。
それにしても献血できなかったことはショックだった。人として否定された気分だった。それと同時に己の不健康さにほとほと嫌気がさした。いい加減にしないといけない。
いま脈を測ると73。週末再訪して献血を成し、まずは憂さを晴らしたい。

大雅と蕪村

名古屋市博物館で『大雅と蕪村―文人画の大成者―』展を鑑賞。施設は1977年オープンだそうでつくりが古い。照度も低い。電球を外して間引いていたが間違い。陰鬱な気持ちになる。大阪市立美術館や、昨年訪れた刈谷市美術館でも感じた暗さ。ただ照度が低いというのでもない。
わざわざ訪ねたのは『十便十宜図』のため。観たい作品のひとつで楽しみにしていたが、展示されていたのは1点ずつのみ。横に全20作品掲載の蛇腹式ポケットガイドが置かれていた。
騙されたと腹が立ったが、ウェブサイトにある出品リストには、10の期間に分けて1点ずつ展示すると書いてある。先方に非はない。ではなぜ全作品を一度に展示してくれなかったのか。会期は2か月もないので展示替えは4、5日ごと。どれだけ短期なのだ。長期展示できない状態なのであれば、はじめから展示しなくてよい。『十便十宜図』がなくても、同じ国宝の池大雅『楼閣山水図屏風』や与謝蕪村『夜色楼台図』がある。これらを鑑賞できるだけで価値がある。

名古屋駅への帰りは寄り道をして県庁周辺へ。三の丸庁舎に金子潤さんの作品3つ。昨秋兵庫陶芸美術館ではじめて目にし、好きになった作家さん。床は作品に呼応させるためのボーダーだろうか。惜しむらくは冬の夕刻の光。次は太陽がサンサンと降り注ぐ下で観てみたい。

久屋大通という駅から歩いてきたが、この官庁などが建ち並ぶエリアの環境は劣悪。車道も歩道も舗装が劣化し、落ち葉は長い間掃かれずこびりつき、路上駐車の車列は見た目が悪い。名古屋城を木造で完全復元するなどと馬鹿なことを言っていないで、このエリアをきれいにするほうが先決ではないだろうか。無駄に広い道路も狭くすれば、空いた土地に駐車場をつくれる。

オフィスビルやマンションが建ち並ぶ通りに風情ある日本家屋。なぜショーウィンドウがと思ったが、格子戸の上を見ると美術品商の文字。この佇まいに縄文土器だけでも唸るのに、金子潤さんの作品が違和感なく溶けている。どちらも焼き物なので親和性があるのだろうか。

日経クロステックに掲載されていた坂茂さん設計のビルがちょうど近くに。CLTを型枠にしてコンクリートを流し、仕上としてそのまま利用。構造も負担しているとか。木質の新しい構造形式だそうだが、あまりピンとこない。外壁はCLTを見せたいがためのガラスカーテンウォールだろうが、ブロンズ色の型材や調光ガラスのアンバー色のせいでゴージャスに見える。それが狙いならかまわないが、せっかくのCLTの意義が薄れてしまっているように思う。

自立したコールテン鋼の螺旋階段は美しいが、ビルのゴージャスとマッチしていない。ビルから離れたように、浮いたようになっていれば、独立したオブジェに見えたかもしれない。

神鹿

本日は伊勢詣。移動のお供は芸術新潮最新号。特集が神様なので縁起がよい。
表紙は江之浦測候所に新しくつくられたお社だそうで、3月には春日大社より御霊(みたま)分けが行われるそうだ。春日大社宮司との対談で、「杉本先生は何をやっても許されますから(笑)」と宮司がおっしゃっているが、神様をお迎えしてしまうとはやはり度がはずれている。
これに関連してだろうか、春日信仰にまつわる美術品が集う展覧会が金沢文庫で開催されるそうで、杉本博司さんの春日コレクションも展示されるようだ。紙面ではその中からいくつか紹介されているが、『春日鹿曼荼羅』や『春日神鹿像』など鹿にまつわる作品に魅了された。
杉本コレクションのページで紹介されている『伊勢参詣曼荼羅』や『石製舟形』が、現在日本民藝館で開催中の『美の標準 —柳宗悦の眼による創作』展で展示されているそうなので、このふたつの展覧会を観に行くというのはどうか。ふたつだけではもったいないか。
神鹿といえば、饗土(あえど)橋姫神社のそばで立派な雄鹿に遭遇した。内宮へ着き、先に饗土(あえど)橋姫神社や大水神社を参拝。いつもは内宮参拝後にバスの待ち時間を利用したりして、脇目も降らずに駆け足で参拝するのだが、今年は先だったのでゆっくりお参りすると、饗土橋姫神社に沿って並ぶ燈籠が、奥にある別の神社への参道だとはじめて気がついた。
雄鹿にはその参道を歩いていて遭遇。そこが神域かどうかはわからないが、神宮宮域林であることは間違いないようなので、その雄鹿は神鹿といっても差支えないのではないだろうか。