唐招提寺

唐招提寺金堂の原寸大組物模型。天井に納まらなかったので、柱は実際より1m短いそうだ。
竹中大工道具館にて、唐招提寺執事長石田太一さんの講演を拝聴した。16日からはじまる展覧会『天平の匠に挑む―古代の知恵VS現代の技術』のプレイベントだった。金堂修理の歴史や唐招提寺所有の文化財の歴史を、画像を交えながらご講話いただいた。
かつて五重塔(東塔)があったことは知っていたが、その顛末は知らなかった。810年につくられ、1802年に雷により焼失したそうだが、明治4年の上知令により五重塔があった部分の土地は没収されてしまい、唐招提寺は手を出せなくなってしまった。心柱の礎石である心礎をかの山縣有朋が椿山荘へ運び、穴を刳ってプールの水飲みに利用したそうだが、プールを壊したときに一緒に壊れてしまい、消滅してしまったそうだ。明治維新が怨めしいと石田さん。
2018年に五輪塔の解体修理が行われたが、蔵骨器が取り出され蓋を開けたところ、中身は證玄の遺骨だった。覚盛の遺骨が収まっているつもりで拝んできたので驚いたそうだ。蔵骨器は鎌倉時代につくられたそうだが、銅の鋳造で板厚が1.2~1.8mmしかないそうだ。
もうひとつ興味深かったのは、2014年に発掘された三彩瓦の破片。西室跡の東から出土したそうで、ほかでは見られない独自の文様が施されているそうだ。大きな建物ではなく厨子などに用いられたのではないか。もしかすると孝謙天皇がお忍びで訪れた別席所に用いられたのでは。丸瓦が出土しておらず、未発掘の場所もあるが、文化庁のお財布事情は厳しいと石田さん。
自分たちで掘るわけにはいかないが、それにしても唐招提寺の僧侶は8名しかおらず、しかも常勤は3名しかいないそうだ。それなのにNHKが近々8Kの撮影を行うので相手をしなければならず、自分たちがしたいことをする時間が取れないと嘆いていらっしゃった。

唐招提寺金堂は、2000年より10年をかけて「平成の大修理」が行われ、竹中工務店は構造解析と構造補強設計を担当した。『竹中大工道具館NEWS』最新号に、大修理を指揮した鈴木嘉吉さんと、構造担当だった長瀬正さんの対談が収録されている。久しぶりに当時のお話が伺えて懐かしく、93歳になってもお元気そうな鈴木さんを拝見できてよかった。
長瀬さんとは仕事をご一緒したことがある。こちらは大学を出たてのひよっこで、同じチームに配属しただけだったが、高架水槽を利用した制振装置の塗装色を決めさせていただいた。

16年ぶりの民藝特集

久しぶりの芸術新潮。ロゴが変わっていると思ったら4年前からだった。エヴァが表紙の号までが旧ロゴで、翌月の運慶特集から現在のロゴになっている。まったく気づいていなかった。
特集タイトルが仰々しく、柳宗悦をインフルエンサーと形容していて苦々しいが、記事の内容は総じてよかった。土井善晴さんのグラフは美しく、小池一子さんと深澤直人さんの対談は読みごたえがあり、日本民藝館で働く方々のお話しはおもしろかった。そして高木崇雄さんが解説する10のQ&Aは勉強になった。民藝や工藝の論者で、現在最も信頼のおける方だと思う。
Q6に登場した三宅忠一や日本民芸協団を検索したところ、日本工芸館にたどり着いた。この施設は知っているが訪れたことはない。『全国の民藝館』に載っていないからだが、記事を読んでその理由を理解した。記事では団体は解散したとあるが、施設は残っているようだ。Google ストリートビューによれば、最近ホテルに建て替えられたようだが、『日本工芸館』のサインが見えるので、ホテルの中に施設をつくるのだろう。今度なんばへ行ったときに見てこよう。建て替えられたのであれば、悔やまれるのは旧施設。いまになり浦辺鎮太郎の設計だと知った。
特集の最後に吉田璋也が紹介されていたが、彼と三宅忠一は「しゃぶしゃぶ」でもつながっていた。三宅のお店『永楽町スエヒロ本店』の看板メニューは「しゃぶしゃぶ」だが、元来この料理を創作したのは吉田だった。軍医として赴任した北京でシュワンヤンロウという羊肉の鍋料理に出会い、終戦後に住んでいた京都の『十二段家』へ調理法を伝授。羊を牛に替え、「牛肉水だき料理」として提供をはじめた。それを知った三宅は、ビフテキのほかにもお肉を食べてもらおうと、名前をインパクトのある「しゃぶしゃぶ」に替えて取り入れた。ちなみに吉田が店を開いた『たくみ割烹店』では、「鳥取和牛すすぎ鍋」という名で提供されている。
東京国立近代美術館で開催される『民藝の100年』はどうしても訪れたい。展覧会に合わせてこの特集が組まれたのだろうし、展覧会のタイトルから過去一番の内容となるのではないか。ちょうど同じころ『和田誠展』と『柚木沙弥郎 life・LIFE』が開催されるし、改修された大展示室を拝見しに日本民藝館にも立ち寄れば、上京する値打ちはあるだろう。

007 / No Time To Die

画像:LABOUR AND WAIT

昨年4月、11月、今年4月と3度の順延を経て、本日ようやく公開。しびれを切らし公開へ踏み切ったり、配信へ切り替える作品が現れるなか、売上を減らしたくないMGMと、配信を拒むイオン・プロのせいで、都合1年半も待たされた。その間MGMはAmazonに9,200億円で買収され、いやはやなんとも驚いたが、お金に困らなくなったので公開を決めたということか。
TOHOシネマズのTCX(R)で鑑賞。前作『スペクター』をその劇場で観て、ドルビーアトモスによるプレタイトル・シークエンスの音響にいたく感動してしまった。本作は40分間のIMAXカメラパートがあるそうなので、ダニエル・クレイグの功績を称えIMAXシアターで観るつもりにしていたが、007へ求めるのはフルサイズのIMAX規格ではないと思い直した。
上映時間は前作『スペクター』より15分長い163分。ピアース・ブロスナンが『スペクター』は冗長だったと話していたが、本作もそのように感じた。プレタイトル・シークエンスも過去最長だと思ったが、それに続くオープニング映像の出来は5作の中で最悪だったと思う。
気に入った点。『BEING JAMES BOND』でも流れた『愛はすべてを超えて』が本作でも使われた。ジェームズとマドレーヌへ捧げてのことだが、インストゥルメンタルだけでなく、エンドロールではルイ・アームストロングの歌唱バージョンが流れ、不覚にも涙があふれた。
ヴィークルは、前作は2台のスーパーカー+αだったが、本作は盛りだくさんだった。アストンマーティンはDB5、V8ヴァンテージ、DBSスーパーレッジェーラ、ヴァルハラの4種、マセラティクアトロポルテ、ジャガーXF、トヨタランドクルーザー、ランドローバーディフェンダー、トライアンフのスクランブラー1200XEとタイガー900。それとQブランチ特製グライダー。
気に入らなかった点。ボンドは死ななければならなかったか。それも日本かロシアの領海を侵犯した駆逐艦から発射されたミサイルによって。マドレーヌとの間にできた子を登場させる必要はあったか。007にウサギのぬいぐるみを持たせることも。最後にジェームズに家族を与えたかったのか。登場人物が多すぎたのではないか。Mやタナー、フェリックス・ライターをもっと観たかった。いまさらブロフェルドやスペクターは必要だったか。細菌兵器の効力を見せるためか。あれらはサフィンの仕業なのか。ブロフェルドは眼がどうとか言っていたが、矢継ぎ早に進むので理解できなかった。サフィンは最凶のワルと宣伝されていたが、どうにも印象が薄かった。彼が着ていた衣服や能面やアジトの日本テイストは、日本人の血が流れている監督の発案だろうか。Spotifyでサントラが聴けるようになったが、『愛はすべてを超えて』だと思っていた曲は、ジョン・バリーではなくハンス・ジマーの『Matera』という曲だった。『Gun Barrel』や007でおなじみの曲もすべてハンス・ジマーとなっているが、それでよいのだろうか。
画像は英国にある大好きな雑貨店『LABOUR AND WAIT』のウェブページ。劇中でQが着けていた前掛けがこれだそうだ。誂えたものではなく日本メーカーの既製品。『LABOUR AND WAIT』が好きな美術スタッフが、お店で見つけてピンときたのだろうか。

モンドリアン、民芸館、野口哲哉

電車の吊広告で『ひのとり』を見て、久しぶりに乗りたいと思ったのでイベントを調べると、豊田市美術館で『モンドリアン展』を開催中。9/20までだった。
モンドリアンはむかし兵庫県立近代美術館で開催された『デ・ステイル展』で観たことがあるが、「コンポジション」以前の作品が多く観られるというので出かけることにした。延ばし延ばしにしていた豊田市民芸館にも寄ることにした。
すぐの平日に行く予定だったが、近くの美術館で9/18より『野口哲哉展』が開催されることを知り、こちらも観ようと今日になった。でも雨を我慢して昨日か一昨日にすればよかった。

というのはこのお客さんの入り。チケット売場の行列に驚き、展示室の混雑に驚いた。最終日だし祝日だったからだろうか。みなさん静かに鑑賞していたが、どうにもばつが悪かった。
抽象画への気づきとなった「ニステルローデの納屋」、キュビズム風の「女性の肖像」や「風景」、コンポジション前夜となる「コンポジション 木々2」や「色面の楕円コンポジション2」などが興味深かった。「コンポジション」では普遍性の変遷が垣間見れておもしろかった。

次は豊田市民芸館。企画展を開催していることは知っていたが、全館を使っているとは知らなかった。おかげで民藝品は観られなかったが、この展示空間を見ることが目的だったのでかまわなかった。でも、あとで館の方に聞いた円空仏コレクションは観たかった。
先の投稿にも書いたが、この展示室はもともと日本民藝館にあったもので、改築する際に本多静雄氏が譲り受け豊田市へ寄贈。市はこれを用いて第1民芸館を整備し、その後第2、第3と発展していったのだとか。つまりこの民芸館は公営。全国の民芸館でもめずらしい。特別展は有料(とはいえ300円)だそうだが通常は無料。トヨタさまさまとおっしゃっていた。
床の大谷石にミソがなかった。1級品を使っているにしても、ここまできれいなものは見たことがない。表面がすべすべしていたので、すり減りついでにミソも消えたのだろうか。
他に建具などを譲り受けたそうだが、天井はどうなのだろう。館の方はご存じなく、ネットを調べてもわからない。中央の照明器具は年月を感じさせるので譲渡品だとすれば、これにマッチしている天井もやはり譲渡品だろうか。先日改修を終えた日本民藝館大展示室の天井は、プレーンで凝ったつくりではないが、これくらいの意匠でもよかったのではないだろうか。

大谷石と漆喰の蒲鉾目地が日本民藝館を彷彿とさせる。二期倶楽部にも同様の意匠があった。知らなかったが、二期倶楽部は星野リゾートに買収されてしまったそうだ。建物は再利用されているそうだが、二期倶楽部だったときに訪ねたかった。惜しいことをした。
とても気持ちのよい場所だったが、第3民芸館の意図がわからなかった。収蔵部分があるのかボリュームが大きく威圧的。田舎家を再現したそうだが、ツルピカなので旅館のロビーのよう。田舎家を見せたいので民芸品はおざなり。税金の無駄遣いと怒られそう。

最後は刈谷市美術館で『野口哲哉展』。豊田市民芸館から1時間と遠くなく、最寄り駅が名古屋へ戻る途中の乗り換え駅だったのでちょうどよかった。180点も展示していたそうだが、雑誌か何かでチラッと見ただけの身にとって、一度にほぼすべての作品を堪能できてラッキーだった。
鎧兜を纏っているが武士ではない。所在なく佇んいたり眠っていたり、風船を眺めていたり玩具に乗っていたり、ヘッドフォンで音楽を聴いていたりスマホを持っていたり、シャネルやヴァレンティノとコラボをしていたり。彼がつくるのは侍ではなく、時代を超えた普遍的な人間の姿そのもの。誰もが持っている寂寥感に、彼独自のユーモアやアイロニーが織り込まれている。
図録にカナダのキュレーターが寄稿している。彼の「武士」は『ラストサムライ』のネイサンよりも『たそがれ清兵衛』の清兵衛に近い。過度に美化するのでなく自然体で安らか。

Grand Helm & Cheap Japanese

ご自身だろうか。Grand Helmは大兜でよいと思うが、チープな日本人とは何を意味するのだろう。インタビューや文章を読むに頭脳明晰のようだが、作品名も一筋縄ではいかないのか。

cheap wings

紙でできている指物(旗)を現代に表現。段ボール紙の翼は脆いが軽いそうだ。
ニュートラルな顔の表情に惹かれるそうだ。日々の暮らしの中でも、喜怒哀楽よりもニュートラルな表情をしているときのほうが多いだろう。だから作品の顔には表情をつけないそうだ。

TRANSMISSION~ジャーマン・スペシャル~

主題の意味はわからないが、副題のジャーマンは靴がビルケンシュトックだからだろうか。甲冑や兜の意匠には驚くようなものがあるが、果たしてこの兜は実在したのだろうか。

Clumsy heart

ハートは会場で直接描いているとか。「不器用な心」のほうが落ち着く。
他にも撮影したのだが、映り込みや構図が気に入らないので割愛。図録を購入しておいてよかった。A4サイズなので画像や図版が大きく、プロの接写がとてもきれい。
民芸館を早く出たので2時間もあったのだが、一点一点つぶさに観たので時間がかかり、最後の展示室を出たときは閉館直前。おかげで紹介映像が見られなかった。
刈谷から名古屋まで乗った列車は「新快速」だったが、「新快速」の元祖はJR西日本。大阪万博が開幕した1970年から走っている。近鉄名古屋駅に着くとすでに『ひのとり』が入線していた。いつもの天むすとビールを買い込み、ゆったりくつろぎながら帰途に就いた。

山口晃と三國荘

三巡目の『山口晃―ちこちこ小間ごと―』。小説『親鸞』挿画の入れ替えもさることながら、会期が後半になったので、他の展示室もすべて入れ替えられていた。

小説『親鸞』第一部の最後。念仏禁制の裁きを受け、流刑地の越後へ旅立つ親鸞と恵信。最後にきて五木寛之さんから顔を描くことを許されたそうだ。
五木さんのイメージでは、親鸞は本木雅弘さん、恵信は宮沢りえさんだそうで、似せるか似せないか悩んだ挙句、ピンそば1mくらいにつけたのだろうか?

反射シリーズも健在。千利休がガラスに映る部分には紺紙のようなものが。「太閤手 へ ま」と書いてあるので、利休の自死に関するインスタレーションだろうか。

こちらはピンとこなかった。黒田辰秋さんの『螺鈿菓子重箱』の対面には、2021年秋と書かれた描き下ろしの饅頭の絵が、重箱の高さにまで下げてセットされている。顔をガラスに沿わせて見てみれば、重箱の中に饅頭が入っているように見えるが、それで正解なのだろうか。

ライブラリーに飾られていた額。小間ごとの歌?「手仕事」は寛次郎さんを想起させる。

帰りは阪急電車に乗ったので、寄り道をして三国へ向かった。民藝運動のパトロンだったアサヒビールの創業者・山本爲三郎さんが、大礼記念国産振興東京博覧会(1928)に展示したパビリオン『民芸館』を買い取り、三国の自宅へ移築した通称『三國荘』。この建物がじつはいまも三国に残されていることを知り、確認したいとずっと思っていた。
書籍『民藝運動と建築』によれば、東京へ拠点を移すとき『三國荘』を含め自宅を売却したが、記録によれば戦災で焼失したことになっていた。戦後柳宗悦さんが山本さんと疎遠になったせいで、民藝関係者が『三國荘』を訪ねることもなくなり、なきものとされてしまったとか。
場所の手掛かりは商店街のfacebookに書かれていたので、そのあたりをストリートビューで確認したところ、趣きのある日本家屋が建つ場所はひとつだけだった。

奥の方は高いブロック塀と樹木のせいで様子を窺えないが、手前の方は目近に確認できる。
妻面が小屋組現しになっているが、『民藝運動と建築』や『三國荘展』図録に掲載の写真も小屋組現し。Google Earthの3Dで別の妻面が見られるが、こちらも小屋組現しになっている。もうひとつ左右の軒の出が異なる部分も同じなので、この建物が『三國荘』ではないだろうか。

商店街より見る。質屋さんのようだが、『三國荘』より新しく見えるので、もともとこの場所にあった『三國荘』に増築したのだろう。ということは、この場所が山本爲三郎さんの自宅だったということか。そうであれば、『三國荘』を移築したのは1928年だそうなので、1世紀ものあいだこの場所に建っていたことになる。どうか末永く保存されますように。