規格

市場からベータマックスが消えて2年。所有することはなかったが、つまらないデザインのVHSデッキに対し、まるでハイエンドオーディオのようなベータマックスデッキには憧れた。
後発のVHSに対してアドバンテージがあったはずだが、VHS陣営の巧みな戦略や、アウトソーシングのネットワークなどにより、VHSが世界のスタンダードとなってしまった。
デッキに限らず、規格というものはなんとかならないだろうか。歴史を見ても、複数の規格はひとつに収れんされると知っているのに、メーカーや開発者は自己満足を繰り返し、ユーザーのことなど少しも考えていない。
いよいよ次世代光ディスクが登場するが、もちろんここにも規格が複数あり互換性はない。だから規格が生き残る要となる映画ソフトを巡り、いまからハリウッドのビッグネームとの交渉に躍起になっているとか。いい加減にしてくれないだろうか。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です