久しぶりの遊行

緊急事態宣言が解除されたので、京都まで出かけて美術展をふたつ。気分はすっかり晴れないし躊躇もしたが、いつまた緊急事態宣言が発出されるか知れないし、外出できないうちに会期終了となり観られないのは残念なので、期限のある催しに...

斎宮

密を避けるために本日伊勢参り。朝一番の特急に乗ったおかげもあり、外宮内宮とも空いていて安堵した。午後に斎宮を見てまわるので、久しぶりに倭姫宮にも寄ってごあいさつ。いつか地図を眺めていて斎宮駅を見つけた。駅名になるくらいな...

柚木沙弥郎との時間

染色家・柚木沙弥郎さんは現在98歳。まだまだ現役。バリバリ仕事をされている。今年は展覧会がいくつも催されたり、ほぼ日手帳2021のカバーを描き起こされたりしたが、最も印象的だった仕事はエースホテル京都だろう。ロゴやサイン...

黒田泰蔵さんの白磁

大阪市立東洋陶磁美術館で黒田泰蔵展を鑑賞。はじめて黒田泰蔵さんの作品を観たが、思いのほか感動を覚えなかった。どれも美しいとは感じたが、それだけだった。削ぎ落された作品には作為があるが、それを知ってしまうと白ける場合がある...

天平美術

杉本博司さん装丁の軸『華厳経(二月堂焼経)』三幅。この作品のみ撮影可能だった。 大阪市立美術館にて『天平礼賛』展鑑賞。今週末までと知って滑り込んだ。正倉院宝物(模造)を筆頭に、器、鏡、仏像、書、裂、香木、絵画などが集結。...