devil’s hands

久しぶりのACO。お顔がアップだがどうしたのだろう。何か吹っ切れたのだろうか。
ACOは歌声が好きなので、『Lady Soul』や『absolute ego』のように、ヴォーカルがちゃんと出ているものが好み。音響やエフェクトにこだわった『irony』や『mask』は馴染めなかった。
本作はやはり吹っ切れていた。原点回帰なのだろうか。歌声は前に出ているし、トラックも度が過ぎていない。骨太なバンドサウンドをバックに朗々と歌い上げている。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です