iCloud

先日iOSを14.5にしたが、バックアップをとっていなかったので、iTunesを起動したところ、「連絡先とカレンダーの同期のサポートは非推奨になりました。将来のバージョンのiTunesから削除されます」とのメッセージ。先日Microsoft Storeで複数のアプリケーションをアップデートしたが、その中にiTunesも含まれていたのだ。参ったな。
というのは、iPhoneのバックアップや同期にはiTunesを使っているから。iCloudが登場したのはiPhone4Sのときだったが、試してみたところ同期できなかった。その後PC版iCloudを知った。リマインダーをよく使うが、iPhoneは入力が面倒。でもPCだと苦にならないので、PCで入力してから同期して使うようになったが、そのうちうまく同期しなくなったので使うのをやめた。そのようなわけでiCloudは信用できず、ずっとiTunesを使っている。
連絡先も、iPhoneでは入力が面倒なので、Outlookで入力してからiPhoneへ同期するようにしている。だから冒頭のメッセージに引っかかった。言葉が足りないので理解できないが、iTunesを介しての同期はできなくなるということか。ネットを検索してみたが、ネタが新しいのかヒットせず、唯一見つけたAppleコミュニティのページでは実のない回答。
iTunesを元に戻そうと、旧バージョンをダウンロードしたがインストールできない。「インストーラはこのコンピュータに入っているipodソフトウェアを直接アップデートできません。iPodソフトウェアをアンインストールして再度実行してください」とのメッセージ。iPodソフトウェアとはiTunesのことか。そうなら関連データはすべて削除して臨んだのに。
仕方がないので、iCloudを使おうとPC版iCloudをインストールしたが、GUIがむかしと違っていてアイコンの一覧表示ではなくなっている。そんなことよりリマインダーが見当たらない。それよりiCloud Driveとは何だ。iCloudと何が違うのだ。紛らわしいことをしないでほしい。
iPhoneも設定をしなければと連絡先をONに。iCloudに結合するかと尋ねてきたが、わけがわからずOKを押下。Outlookを起動して驚いた。iCloudにむかしの連絡先が残っていたようで、Outlookと混ざってしまった。即時同期されたので、iPhoneの『連絡先+』も同様に。
冒頭のメッセージを再読したが、将来とあるので当座は大丈夫なのだろう。だから元へ戻した。iCloudを削除(Off)し、連絡先をこの際整理し直し、iTunesを介してバックアップ。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です