人災

画像:Google Earth Pro

伊豆山地区の土石流の映像は、先週読んだニュース記事を思い出させた。リニア中央新幹線の工事現場におけるリポートだが、掘削土を雛壇上に積み上げている写真が掲載されていて、まるで土石流の発生地点と同じ形状をしている。
この災害でつくづく実感した。土木はスケールが大きい。5万立米の盛土など見たことも関わったこともない。高さは推定50mだそうだが、おそらく簡単にやってのけるのだろう。
発生地点の西側の剥げた部分は、静岡県知事が関係ないと断言した太陽光発電所。たしかにこの部分から土砂崩れなどは起きていないようだが、発生地点から道が繋がっているように見える。盛土と発電所の工事期間を知らないが、道をつくるために盛土をしたのであれば、関係ないとは言えない。ネット検索を進めるとゴシップ記事に当たることがあるが、太陽光発電と知事には蜜月の関係があり、太陽光発電を推進しているそうだ。リニアには反対するのに、ソーラーパネルのせいで自然が破壊され、美しい自然の景観が台無しになることは構わないと思っている。
再生エネルギー熱が上がるからこういうことになる。コロナを終息させることができないのに、無観客でも五輪を開催するような政府に思考能力はないのだろう。だから2030年までにCO2排出削減46%などと言ってしまうし、すべての住宅にソーラーパネルをなどと言ってしまう。
再生エネルギー設備の立地に最適なのは、海でも川でも田畑でもなく森林。だから林野庁は、日本の森林の半分近くある保安林の規制を緩めようと企てているそうだ。
そもそも再生エネルギーでCO2削減効果はどれほどあるのか。山を切り開けばCO2を吸収してくれている樹木がなくなる。補おうと周囲に植えても、成木するには50年かかるので、2030年には間に合わない。生物の多様性が破壊されるかもしれないし、水源涵養機能も損なわれるかもしれない。何より今度の災害のようなことが起こるかもしれない。今度の災害は天災ではなく人災。考えるだけで恐ろしい。人間の傲慢があの土石流を引き起こした。
冒頭のリニアの掘削土は仮設だそうなので、どこかへ運ばれるのだろうが、ではどこへ運ばれどのような処理を行うのか。JR東海は然るべき処理を行うとしか答えていないようだが、この災害を機に国民の関心は高まった。不誠実な対応をすれば開業はますます遠のくだろう。

ちこちこ小間ごと

二度目の『ZENBI―鍵善良房―』。はじめて訪ねたオープニング展示はゆかりのある黒田辰秋さんだったが、今後はどのような企画をしてゆくのだろう、鍵善良房の美術館ならではの展示をしてほしいと案じた。そしたら次は山口晃さんだという。お店の手提げ袋の仕事でご縁があるそうだ。不意を突かれたが、山口さんの作品は『ZENBI』の空間に調和していた。
展示は3部構成。2階の展示室2は小説『親鸞』の挿画、展示室3は京都にまつわる書籍や雑誌への掲載作品、1階の展示室1は黒田さんの作品を用いた山口さんのインスタレーション。

とても楽しみにしていた小説『親鸞』の挿画。200点くらいあっただろうか。真面目なもの、ふざけたもの、意味深なもの、意味のないもの、細密なもの、ラフなもの。多種多様だがどれも上手い。技量の高さを見せつけられる。この小さな作品に山口晃が凝縮されている。
総数は1,000点を超すそうだが、ひと月ごとに入れ替えるそうなので、ほぼすべてを拝見できるだろうか。挿画以外の作品も前後期で入れ替えるそうで、パスポートなるチケットが販売されていた。3回分の価格で4回入場できるというお買い得。

壁の絵は『新京都百景 貴船川床』。描き下ろしだと思ったが、3年前の作品のようだ。ガラスケースに入った器は、前回も展示されていた黒田さんの『乾漆八稜水指裡耀貝螺鈿』。
展示室3におもしろい作品があった。お店に掛けてある『くずきり』の看板の模写だが、2枚を展示ケースのガラスを境に反転させて掛け、ガラスに沿って見るとピタリ重なって見える。山口さんは前の展示中に訪れているはずなので、寛次郎さんの書体に触発されたのだろうか。
ミュージアムショップでは、山口さんの作品集がいくつか販売されていて、『親鸞 全挿画集』も置いていた。見かけるたびに欲しくなる本だが、先に小説を読んでからと決めていた。それなのに購入してしまった。なぜならサイン本。これが衝動買いというもの。

テーブルにお菓子の見本がいくつか置いてあった。この展覧会のために誂えたものだとか。どれも美しい佇まいだが、ひとつだけ変わっていた。饅頭に焼きごてで人型らしきものが描かれている。『ためいきちゃん』と呼ばれていて、小説『親鸞』の挿画に登場するそうだ。鍵善良房本店で単品販売されているというので、帰りにひとり連れて帰った。600円なり。
知らずに『ためいきちゃん』を撮影していた。琴線に触れてシャッターを押したのだろうか。饅頭のほうはかなりスマートだが、顔はよく似ている。「はあ」ってため息ついている。

エンターテイメント

映画を2本はしご。非常事態宣言下で観ることができず、すでに終映しているだろうとあきらめていたが、調べるとまだどちらも上映していた。
1本目は『ジェントルメン』。大阪は終映していたので塚口サンサン劇場へ。
監督のガイ・リッチーは、前作『アラジン』でてっきり夢の国へ行ってしまったと思っていたが、原点回帰、クライムアクションで現実世界へカムバック。デビュー作で血気盛んだった若者が、20年を経てジェントルになったということか。
たしかにマシュー・マコノヒーは紳士だった。振る舞いが洗練されていると感心したが、モダンな英国衣装のおかげだろう。スーツはオーダーメイドだそうで、上質な素材と色柄の組み合わせがすばらしい。右腕のチャーリー・ハナムはカジュアルだが、ネイビーコートにツイードベストの組み合わせが印象的。そのコートから自動小銃を取り出し威嚇発泡する姿は格好よかった。コリン・ファレル率いる不良更生チームの揃いのジャージは、スーツ生地をキルティング加工してつくったオーダーメイドだそうだ。ヒュー・グラントは胡散臭さが際立つ革ブルゾン。
物語は、ヒュー・グラントをストーリーテラーに仕立て、テンポよくセンスよくまとまっていた。エンドロールで流れたザ・ジャムの『ザッツ・エンターテイメント』にニヤリとした。あとで知ったことだが、スティングの娘が出演していた。麻薬に溺れた令嬢の役。個性的な容姿だと思って見ていたが、知ったあとでは親父に瓜二つ。
2本目は『アメリカン・ユートピア』。数年前ノンサッチ・レコードのインスタグラムで知った。YouTubeで紹介映像を観て興奮し、ショーを収録したアルバムを聴いて感激した。映画化すると思っていなかったので、日本公開を知ったときはうれしかった。
ショーのために誂えたと思しき緞帳が上がりはじめると、ステージを縁取る玉のれんが同調して上がっていく。脳の模型を机に置き、席に着くデヴィッド・バーン。曲がはじまりしばらくすると、2人のダンサーが玉のれんをかき分け入ってくる。奥隅には玉のれん越しにギタリストのシルエット。早々にやられた。ここまでですでに100%高揚している。
67歳のデヴィッド・バーンは上手いが、ミュージシャンたちの演奏もすばらしい。楽器はギター、ベース、シンセサイザーと複数の打楽器だが、どの楽器にもケーブルが繋がっていないので、ステージを自由自在に駆け回ることができ、ミュージシャンは演奏しながら踊っている。
デヴィッド・バーンは脳の進化やコミュニケーション、選挙、人種問題などについて語りかける。フィナーレの『Road To Nowhere』ではキャスト全員が客席へ降り、♪僕たちは楽園へ繋がる道の上にいる♪と練り歩く。107分間ずっと楽しかった。魂が震えた。
塚口サンサン劇場でもう一度観たい。『ジェントルメン』の上映前に予告が流れていた。あとで観るのでと気を抜いていたが、たしか『爆音上映』と書かれていた。スピーカーを臨時に増設し、音響をよくしようという企画だそうだが、観終えた今なら言える。「爆音で観たい」。東京ではすでに開催されているそうで、通常上映より圧倒的にすばらしかったそうだ。今日は席に無頓着だったが、次は最後列に席を取り、気兼ねなく爆音のなか揺れてみたい。
パンフレットは買って損なし。紙よく印刷よくもちろん内容よく。湯浅学さんのコラムが◎。

ワクチン接種 #1

ワクチンを接種した。6/23に接種券が届き、翌朝ネットで予約。半月前のニュースでは空いていると言っていたが、×印だらけで昨夕になった。会場はインテックス大阪1号館に設けられた大規模接種センター。区ではまだ65歳以上だが、こちらは年齢制限がない。
ネット予約はものの数分で完了した。尼崎市の父の予約を代行したときは、ビジーやエラーにまみれて1.5時間かかった。自治体のシステムが違えばこれほど差が生まれる。
テント最奥の入口を入り、消毒と検温をして受付へ。歯科医師の接種に同意すると、移動して医師が予診票を確認。接種可となりいよいよ接種室へ。利き手と反対の腕に接種。いつ打たれたのかわからなかった。ここまで入館から10分。15分待機し、2回目の予約をして退館。
都合30分もかからなかったが、広い会場のおかげだろうか。ゆったりとレイアウトされた一方通行で、たくさんの誘導員のおかげで移動がスムーズ。受付、予診、接種、待機、予約ともたくさん数があり、待たされることはなかった。よくできていると感心した。
ワクチンは武田/モデルナ製。ファイザー製より副反応が多いようだが、アナフィラキーは少ないとか。接種後の死亡数は1だそうなので、ファイザー製よりマシなのだろうか。
一夜明けた。打った箇所を中心に筋肉痛となっているが、生活に支障はない。
最新ニュースでは、ワクチン供給が追いつかなくなり、新規予約を中断したり、予約分の接種ができない状況だそうだが、後先考えずに職域接種など導入するからこうなる。
同じことの繰り返し。アクセルを目いっぱい踏んだのに急ブレーキをかけられる。

2021夏の祝日

カレンダーを7月にして気がついた。Google カレンダーと祝日が異なる。なぜだろうとネットを検索してハッとした。オリンピックに合わせて移動されたのだった。
たしかに一昨年、来年はオリンピックのために祝日が変わると聞いたと思うが、延期され、中止されると思っていたので、今度のオリンピックは微塵も頭になかったのだ。
内閣官房の東京五輪・パラリンピック推進本部事務局いわく、「昨年12月から限られた予算の中で広報してきた。周知できているかどうか判断するのはあくまで国民」だそうだが、突き放すではないか。SNSならタダでいくらでも広報できるだろう、トップに固定すれば明白だろうと、事務局のアカウントを探したが見つからない。ならばTokyo 2020やIOC、JOCで広報されているのかと確認したが見当たらず。内閣府政府広報オンラインで一昨日に呟かれていた。
国民多数が反対しているからと言って、このような大事なことをおろそかにしないでほしい。