Rosas danst Rosas

撮影に使われた建物は、バウハウスの種をまいたベルギーの建築家=アンリ・ヴァン・デ・ヴェルデの設計で、1936年に技術専門学校として開校。1985年に移転のため閉鎖され、1997年に本作の撮影が行われるまでは空き家だったとか。現在は公立図書館などに使われている。
ダンスは4人の女性が椅子を使い、座る、歩く、横になるといった動作に女性の仕草を加え、しなやかで情感あふれる踊りを繰り返すというものだが、この作品では建物の窓(ガラス)を活かした演出が加えられている。広い建物を利用し、たくさんのダンサーを投入することで、作品にストーリーやおかしみが生まれている。

屋内のガラスの間仕切は撤去されてしまったそうだ。残念。
ところで、作品を観ていて気がついた。むかしUNIQLOCKという広告があったが、4人の女性、ユニゾン、リズム、昼夜……この作品から着想を得たに違いない。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です